教員プロフィール
English >> 検索ページ


photo
    (最終更新日:2017-08-03 09:44:43)
  コミヤ ノボル   KOMIYA Noboru
  古宮 昇
   所属   人間科学部 人間科学科
   職種   教授
 学会発表・研究会報告等
1. 2016/03/01 A Cross-cultural Dialogue: Psychotherapy Demonstration by Visiting Professor Nobo Komiya(Psychotherapy Department Forum)
2. 2015/11/15 なぜ日本人はそうするの?:日本人と西洋人の違い(ダイバーシティ・カウンセリング・ニュージーランド講演会)
3. 2015/08/27 The West and Japan: Differences in interpersonal relationships and the self-implications for psychotherapy(AUT Psychotherapy Forum)
4. 2009 「タッピングタッチ」事例検討の司会(日本心理臨床学会第28回大会)
5. 2008 “What modifications are necessary when practicing Western-born psychotherapies in Japan?” シンポジスト(第5回世界心理治療大会)
全件表示(12件)
 著書・論文歴
1. 2017/07 論文  ヨガ (単著) 
2. 2017/04 論文  精神分析的心理療法の効果に関する実証的エビデンス (単著) 
3. 2017/02 著書  まんがでやさしくわかる傾聴 (単著) 
4. 2017/01 論文  人とどのように会うのか?-初回面接・治療関係 (単著) 
5. 2016/03 論文  Differences in Child Rearing Practice, Mothe -Child Relationships, Education, Fundamental Behavioral Codes and Interpersonal Relationships Between the Western and Japaneses Cultures (単著) 
全件表示(85件)
 学歴
1.
(学位取得)
Frostburg State University Master of Science
2.
(学位取得)
University of Missouri-Columbia PhD.
3. ~1999 ミズーリ大学大学院コロンビア校 心理学研究科 カウンセリング心理学 博士課程修了
4. ~1990 大阪府立大学 総合科学部 人間関係コース 卒業
 職歴
1. 2017/05~ ニュージーランド国立オークランド工科大学 心理療法学大学院 客員教授
 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2000/04~ 同僚による授業コンサルテーション
2. 2000/04~ 学外講師による特別講義
3. 2000/04~ 学生からのフィードバックを役立てる
4. 2000/04~ 学生を引きつける講義への工夫
5. 2000/04~ 発言カード
●作成した教科書、教材
●教育に関する発表
全件表示(33件)
 主要学科目
臨床心理学、カウンセリング心理学
 所属学会
1. アメリカ心理学会(American Psychological Association)
2. 大学教育学会
3. 日本心理学会
4. 2000/09 日本ブリーフサイコセラピー学会
5. 2000/08~2003/03 日本カウンセリング学会
全件表示(7件)
 資格・免許
1. 2017/04/01 臨床心理士
 教員審査
1. 2005/08 大学院研究指導Iマル合   大学院研究指導IIマル合   臨床心理面接特論I可   臨床心理面接特論II可   臨床心理査定演習I可  臨床心理査定演習II可  臨床心理基礎実習 可
 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計 0  回
 在留期間2週間未満のもの   計 0  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  0  回  0  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
 研究課題・受託研究・科研費
1.   spiritualityと心理臨床。 個人研究 (キーワード:spirituality)
2.   効果的な大学の授業法 個人研究 (キーワード:大学教育,教授法,大学の授業法)
3.   心理療法の理論と実践 個人研究 (キーワード:心理療法,カウンセリング)
4.   心理的要因が身体の健康に及ぼす影響 個人研究 (キーワード:心理的要因,健康)
 ホームページ
   http://noborukomiya.seesaa.net/
 メールアドレス
  kyoin_mail
 現在の専門分野
臨床心理学 (キーワード:心理療法の理論と実践、精神力動的精神療法、効果的な大学授業) 

mail