教員プロフィール
English >> 検索ページ


    (最終更新日:2017-06-05 20:19:58)
  クマクラ シュウイチ   KUMAKURA Shuichi
  熊倉 修一
   所属   経済学部 経済学科
   職種   教授
 学会発表・研究会報告等
1. 2003 日本銀行考査について(東京大学大学院経済学研究科・特別研究会)
2. 2004 わが国における銀行破綻(東京外国語大学大学院・連携講座特別研究会)
3. 2005 わが国における銀行破綻ー1990年代の教訓ー(横浜国立大学・国際金融研究会)
4. 2008 日本銀行のプルーデンス政策ー日銀考査の意義と限界ー(日本金融学会・中央銀行研究部会)
5. 2008 日本銀行のプルーデンス政策ー日銀考査の意義と限界ー(中央大学経済研究所・金融システム研究会)
全件表示(13件)
 著書・論文歴
1. 1985 論文  海外経済の回顧と展望 (単著) 
2. 1997 論文  拓銀、道銀の合併は、当面地元他行に有利だが、いずれ脅威になる (単著) 
3. 1999 論文  コンピュータ2000年問題に関するわが国金融界の対応 (単著) 
4. 2000 論文  金融機関の決済リスク管理について (単著) 
5. 2000 論文  金融機関における情報セキュリティの重要性と対応策 (単著) 
全件表示(32件)
 学歴
1. 1973/04~1977/03 東京大学 経済学部 経済学科 卒業
2. 2007/07
(学位取得)
武蔵大学 博士(経済学)
 職歴
1. 2009/04~ 大阪経済大学 経済学部 経済学科 教授
2. 2009/04~ 中央大学企業研究所 客員研究員
3. 2008/04~ 中央大学大学院 公共政策研究科 客員教授
4. 2008/04~2009/03 お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 客員教授
5. 2004/04~2007/03 東京外国語大学大学院 地域文化研究科 客員教授
全件表示(7件)
 教育上の能力
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1977/04/01~2009/03/31 日本銀行に勤務
 主要学科目
金融政策論
 所属学会
1. 日本金融学会
2. 日本公共政策学会
3. ケインズ学会
 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1977/04/01~2009/03/31 日本銀行に勤務
 講師・講演
1. 1999 決済システムの重要性(東京)
2. 2007 日本銀行と民間金融機関(東京)
3. 2011 北海道経済の発展と金融の役割(札幌)
 メールアドレス
  kyoin_mail
 受賞学術賞
1. 2009/06 日本公共政策学会賞(奨励賞)
 現在の専門分野
財政・公共経済, 金融・ファイナンス (キーワード:金融プルーデンス政策論、金融政策論) 

mail