クスモト ヒデタダ   KUSUMOTO Hidetada
  楠本 秀忠
   所属   大阪経済大学  人間科学部 人間科学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/09
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 スノースポーツ実習における筋痛発生に関する調査研究
執筆形態 共著
掲載誌名 大阪経大論集
出版社・発行元 大阪経大学会
巻・号・頁 65(3),99-104頁
著者・共著者 谷所慶、野村国彦
概要 本研究では、2日間のスキーおよびスノーボード実習における筋痛の発生部位について比較することを目的とした。その結果、身体全面の上半身ではSB群で発生率が高く、肩、上腕部および前腕・手部の2部位においてSK群よりも有意に高い値となった。身体後面での筋痛の発生率は頭頸部においてSB群が有意に高いものであり、、肩・上腕においてSK群が有意に高いものとなった。またSB群で筋痛の左右差が多くみられる傾向にあり、身体全面の肩・上腕部および前腕・手部の2部位において有意に高いものとなった。本研究により、それぞれの滑走方法による筋痛発生の特徴が見られ、安全・健康管理上の知見として利用できるものと考えられた。