(最終更新日:2024-05-09 11:39:57)
  アイハラ マサミチ   AIHARA Masamichi
  相原 正道
   所属   大阪経済大学  人間科学部 人間科学科
   職種   教授
■ 学会発表・研究会報告等
1. 2021/11/30 Osaka 2008 Olympic bid and the Osaka-Kansai Japan Expo2025(International conference OLYMPIC GAMES AND GLOBAL CITIES(OGGC))Link
2. 2021/05/16 世界で最も地球に優しいスポーツ スポGOMIの普及啓発(第67回クリエイティブサロン)Link
3. 2021/04/14 International joint research to compare the mega sporting events held in succession in Japan and France(Jeux olympiques et villes globales)Link
4. 2019/12/14 東京オリンピック・パラリンピックのレガシーを考える(第59回北海道体育学会)
5. 2019/10/16 Legacy of "beautiful" for Tokyo2020 Olympic and Paralympic Games(Congrès Olympisme ILEPS-CFPC 2019 – Ileps)
全件表示(17件)
■ 著書・論文歴
1. 2024/03/15 著書  スポーツがつくる未来 -30年後のあなたの地域と社会-   (共著) 
2. 2022/01/14 論文  A GPS-Based Digital Dynamics Study of the Rugby World Cup 2019 Spectators Journal of Sports Science 9(2),pp.64-85 (共著) Link
3. 2021/11/10 著書  SPORTS PERSPECTIVE SERIES 8「スポーツマネジメント入門」   (共著) 
4. 2020/10/28 論文  Legacy of beautiful for Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games International Academic Journal on Olympic Studies Vol. 4,pp.31-44 (単著) Link
5. 2020/10/20 著書  SPORTS PERSPECTIVE SERIES7「地域スポーツ論」   (共著) 
全件表示(28件)
■ 学歴
1. 筑波大学大学院 修士課程修了 体育学修士
■ 職歴
1. 2019/04~2022/03 大阪経済大学 学長補佐
2. 2019/04~2022/03 大阪経済大学 スポーツ・文化センター長
3. 2017/10~ 大阪経済大学 人間科学部 人間科学科 教授
4. 2007/11~2009/10 東京オリンピック・パラリンピック招致委員会 事業部門マネージャー
5. 2006/06~2007/10 東京ヤクルトスワローズ F(古田敦也)-PROJECTメンバー
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2020/09/21~ 英語科目「Sports & Physical Education in Japan」
2. 2020/08/25~ 「スポーツボランティア実習」大阪市・大学コンソーシアム大阪との連携講義
3. 2020/06/23 東京2020応援プログラム大学連携協定校として、初となる東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会による「出張講座プログラムonline」を開講Link
4. 2017/11/18 東京2020応援プログラム大学連携協定大学として関西初となる(共催:大阪市)「Daikeidai Move For 2020」文化オリンピアード・ワークショップイベントを開催
●作成した教科書、教材
1. 2019 他大学における入試問題として「現代スポーツのエッセンス」単著の一部分が出題
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(9件)
■ 主要学科目
大阪経済大学大学院人間科学研究科人間共生専攻 「スポーツマネジメント特論」等
■ 所属学会
1. 2016/09~ 日本体育・スポーツ経営学会
2. 2022/04~ 日本体育・スポーツ哲学会
3. 2018/09~ European Association for Sport ManagementLink
4. 2017/06~ 日本スポーツボランティア学会
5. 2017/04~ IR*ゲーミング学会
全件表示(15件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2013/08/01~2013/09/15 東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会へ特別アドバイザーとして出向
■ 社会における活動
1. 2023/06 読売新聞朝刊22面「スケボーもBMXも楽しむXゲームズ、一流選手がトリック全開, 音楽とコラボ「フェス」気分」Link
2. 2022/04 NHKBS1「スポヂカラ!」アーバンスポーツと街づくりについて解説Link
3. 2021/11 テレビ大阪「やさしいニュース」日本発!地球にやさしい新スポーツ」
4. 2021/05 ABC放送「CAST」どうなるオリンピック?徹底討論における解説
5. 2021/02 ABCラジオ「おはようパーソナリティ 道上洋三です」東京オリンピック・パラリンピック組織委員会について解説
全件表示(19件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  高精度位置情報データを活用したスポーツツーリズムの動態調査研究 基盤研究(C) (キーワード:Sports Tourism, Dynamic research, GPS)
2. 2018/04~2020/03  日本版NCAA構想における学際的かつ実践的な教育プログラムの開発研究 ―大学スポーツアドミストレーターの役割と人材育成― 機関内共同研究 
3. 2016/04~2018/03  2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けてのスポーツ政策過程とメディアの役割に関する学際的かつ実務的研究 機関内共同研究 
4. 2013/04~2017/03  スポーツ文化の装置化による社会起業家の育成 基盤研究C (キーワード:企業の社会的責任)
5. 2013/04~2017/03  スポーツ産業市場活性化及び雇用創出へ寄与する起業家的人材育成プログラムの開発 挑戦的萌芽研究 
全件表示(7件)
■ 講師・講演
1. 2020/01/15 アーバンスポーツによる街づくり:地方創生(衆議院議員第一議員会館)
2. 2019/04/11 東京2020オリンピック・パラリンピックの経済効果(りそな銀行城南経友会)(東武ホテル(東京・渋谷))
3. 2019/01/11 スポーツの道「ゴールデンスポーツイヤーズの経済効果」(京都市生涯学習総合センター (京都アスニー)4階ホール)
4. 2018/07/26 大阪スポーツ市場と関西におけるIR等の大型投資(SPORTEC2018)(東京ビッグサイト)
5. 2018/06/12 「2020年東京大会が動かすボランティア」日本財団ボランティアサポートセンター(笹川平和財団ビル 国際会議場)
全件表示(16件)
■ 委員会・協会等
1. 2023/05/19~2023/05/19 兵庫県・大阪府・ひょうご観光本部・大阪観光局「令和5年度広域観光コンテンツ造成事業」 審査員
2. 2023/04/01~2023/04/10 大阪府・市「大阪いのち輝くスポーツプロジェクトの実施にかかる企画・運営等業務」の公募型プロポーザル方式等事業者選定委員会 委員長
3. 2022/05/01~2022/10/13 近江八幡市教育委員会「近江八幡市立健康ふれあい公園スケートパークセクション購入業者選定委員会」 委員長
4. 2021/11/22~2021/12/22 大阪市経済戦略局スポーツ施設指定管理予定者選定会議 専門委員
5. 2021/02/01~2022/12/31 キメラスポーツカルチャービジネス推進委員会 委員長
全件表示(33件)
■ ホームページ
   東京2020組織委員会,大学連携、初の「出張講座プログラムonline」開催!
   三菱東京UFJリサーチ&コンサルティング「東京オリンピック、スポーツの持つ価値の生かし方」
   HONDA ESTILO株式会社(本田圭佑選手が経営)Next Connectインタビュー取材
   日本ラグビーフットボール協会主催「第81回みなとスポーツフォーラム 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向けて」
   九十九サンダル 大阪ビーサン化計画 インタビュー取材 2017/07/10
全件表示(9件)
■ 受賞学術賞
1. 2023/01 大阪経済大学 教員業績表彰Link
2. 2021/04 文部科学省 文部科学大臣賞 科学技術分野 理解増進部門Link
3. 2019/01 大阪経済大学 教員業績表彰受賞
4. 2018/09 日本創造学会 第39回研究大会発表賞 (スポーツイノベーションースポGOMI大会ー)
5. 2013/03 公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会・一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構 経済産業省商務情報政策局長賞(スポーツとまちづくり賞)受賞
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
スポーツ科学 (キーワード:オリンピック・パラリンピック, スポーツ・マネジメント, スポーツ都市政策, 国際スポーツ・マーケティング、セカンドキャリア) 
■ 科研費研究者番号
10636096