(最終更新日:2019-10-11 22:31:56)
  ニシワキ シュウイチロウ   NISHIWAKI Shuichiro
  西脇 秀一郎
   所属   大阪経済大学  経営学部 ビジネス法学科
   職種   講師
■ 学会発表・研究会報告等
1. 2019/09/05 民法673条における組合契約上の業務及び財産状況検査権(第14回関西民事法若手研究会)
2. 2019/08/05 公共団体とNPO法人による林地管理の一考察 -滋賀県の事例を踏まえて-(龍谷大学里山学研究センター2019年度叢書合宿研究会)
3. 2019/04/05 社団の意思決定規範と構成員の権利に関する一考察 -ドイツにおける個人権としての情報権(Informationsrechte)の検討に向けて-(民商法研究会)
4. 2018/12/08 区分所有法上の管理者の解任に関する規約解釈と団体の法的性格 -最高裁平成29年12月18日判決の意義と課題-(法理論研究会)
5. 2018/11/03 遺留分減殺請求と相続分無償譲渡の「贈与」性(第11回関西民事法若手研究会)
全件表示(30件)
■ 著書・論文歴
1. 2018/03 著書  『琵琶湖水域圏の可能性 -里山学からの展望』(分担執筆:「第20章 地縁団体の法的性格とその規範的意義」)  260-279頁 (共著)  Link
2. 2019/09 論文  団体法の二元性(3):ドイツ民法典社団法の原基的モデルの一考察 龍谷法学52巻2号 52(2),133-169頁 (単著) 
3. 2019/08 論文  団体法の二元性(2) : ドイツ民法典社団法の原基的モデルの一考察 龍谷法学 52(1),183-223頁 (単著) 
4. 2019/03 論文  土地改良区の水管理に関する団体内部組織体制と国営農地再編整備事業の現況と課題 -愛知川沿岸土地改良区及び東近江市農林水産部農村整備課への事例調査から- 『龍谷大学里山学研究センター2018年度年次報告書 里山学研究 SDGsと里山モデル』 (印刷中)頁 (単著) 
5. 2018/10 論文  区分所有者団体における構成員の閲覧複写(謄写)請求権 : 大阪高裁平成28年12月9日判決を素材として 龍谷法学 51(1),655-785頁 (単著) 
全件表示(21件)
■ 学歴
1. 2013/04~2018/03 龍谷大学 法学研究科 博士課程修了 博士(法学)
2. 2011/04~2013/03 龍谷大学 法学研究科 修士課程修了 修士(法学)
3. 2007/04~2011/03 龍谷大学 法学部 法律学科 卒業
■ 職歴
1. 2013/04~2013/08 龍谷大学法学部 ティーチング・アシスタント(「特別講義O(司法セミナーA)」TA)
2. 2013/04~2013/08 龍谷大学法学部 法学部個別チューター
3. 2013/04~2014/03 京都市伏見区役所深草支所まちづくり推進室委託事業「鴨川運河会議」事務局 京都市指定景観整備機構・特定非営利活動法人京都景観フォーラム認定景観エリアマネージャー
4. 2014/04~2014/08 龍谷大学法学部 ティーチング・アシスタント(「特別講義O(司法セミナーA)」TA)
5. 2015/04~2015/08 龍谷大学法学部 ティーチング・アシスタント(「特別講義O(司法セミナーA)」TA)
全件表示(13件)
■ 主要学科目
法学特殊講義(民法概説)、ビジネス法入門、法学入門
■ 所属学会
1. 2018~ 村落環境研究会
2. 2017~ 中日本入会林野研究会
3. 2017~ 取引法研究会
4. 2017~ 現代担保法研究会
5. 2015~ 関西コモンズ研究会
■ 社会における活動
1. 2016/12 講演会報告「ドイツ団体法の意義−国立(くにたち)から得た視座−」(2016年12月10日開催景観市民ネット市民集会シンポジウム講演)
2. 2014/03 講演会報告「疏水でつながる人とまち」(2014年3月1日開催「景観でつながるまちづくり」シンポジウム・パネリスト講演) Link
3. 2013/04~2014/03 京都市伏見区役所深草支所まちづくり推進室委託事業「鴨川運河会議」事務局(京都市指定景観整備機構・特定非営利活動法人京都景観フォーラム認定景観エリアマネージャーとして担当)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/08~2021/03  「団体の意思決定規範と構成員の権利保障の相関性-ドイツ法の「情報権」概念の検討-」 科学研究費補助金[研究活動スタート支援] (キーワード:情報権(共益権・管理権)、ドイツ法、社団法、共同所有、民法・民事法)
2. 2019/04~  「琵琶湖を中心とする循環型自然・社会・文化環境の総合研究-Satoyamaモデルによる地域・環境政策の新展開-」(文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業) 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:森林資源とエネルギー利用研究、資源循環型コミュニティの新たな創造研究、地域資源の所有・管理主体論の法的分析)
3. 2019/04~  社団法・共同所有法 個人研究 
■ 講師・講演
1. 2016/12/10 講演報告「ドイツ団体法の意義−国立(くにたち)から得た視座−」(狛江市/泉の森会館)
2. 2016/03/05 シンポジウム・オープニング報告「琵琶湖の保全再生と里山・里湖−人と水との共生にむけて−」(大津市/ピアザ淡海ピアザホール) Link
3. 2014/07/10 講演報告「19,20世紀ドイツ法学における共同所有論の現代的意義−オットー・フォン・ギールケを中心として」(立命館大学大学院政策科学研究科オープンリサーチ(まちづくりと都市計画リサーチ))(京都市/立命館大学)
4. 2014/03/01 講演報告「疏水でつながる人とまち」(京都市/ひと・まち交流館京都3階第5会議室) Link
■ 現在の専門分野
民事法学 (キーワード:民事法、民法、社団の基礎理論、所有権法、共同所有、取引法、相続財産) 
■ 担当経験のある科目
1. 法学特殊講義(民法概説)(大阪経済大学)
2. ビジネス法入門Ⅰ(大阪経済大学)
3. ビジネス法入門Ⅱ(大阪経済大学)
4. 法学入門(大阪経済大学)
5. 導入ゼミⅠ(関西大学)
全件表示(10件)